スポンサードリンク

カーシェアリングの利用について!!


最近注目されているのが“カーシェアリング”。このシステムは予め登録した会員だけが利用するため、係員が常駐した普通のレンタカーなどの営業所ような営業所があるわけではなく、駐車場で無人管理されています。インターネットや携帯電話で予約をした後、会員証(カード)により本人の認証を行い、使用する。

レンタカーの場合は利用時間は6時間、24時間などある程度の中長時間、使用目的とされているが、カーシェアリングの場合、15分単位で利用できるところもある。

レンタカーとカーシェアリングでは短時間で比較した場合はレンタカーより割安であるが、6時間、24時間(一日)のレベルではレンタカーのほうが割安である。


自家用車の所有は、自動車の初期購入代金、車検の代金、ガソリン代、駐車料金(月極めなど)、自動車保険など、自動車維持費用はかなり負担になります。その点、カーシェアリングは月に1〜2万円以下になっているので大幅な家計の負担減と言えます。しかしながら、このカーシェアリングのシステムを取り入れている運営会社の数は現在、3大都市圏など一部の地域でしか、まだ、利用できないのが現在の欠点です。今後、全国にこの様なサービスが広がれば更に利便性が高まりそうです。

ガソリン代が高騰しているこの時代にはとても便利なシステムと言えます。

効率よくこれらのシステムを上手に使い分けたいものです。

カーシェアリングは最近、注目されているの短時間、使用目的のためシステム!!


カーシェアリングは「毎日、自動車を使用しないが、たまには買い物、家族の送り迎えと近距離の移動で使用したい」という人にとっては、自家用車を持つよりも経済的負担の軽減が図れます。

レンタカーのシステムとは使用目的が少し異なり、予め登録した会員だけが利用できる自動車を短時間、貸し出しするシステム。6時間とか24時間(一日)単位で利用するのではなく、買い物や家族の送り迎えなどの短時間の利用を目的としている画期的なシステムです。

普通、一般的な家庭において自家用車が使用されているのは、平均1日で1〜2時間ぐらいといわれる。ただ、都会と田舎では使用時間が異なる値である。自動車とはとても便利だが、稼働率が低い高価で経費のかかる商品である。そのため、所有者への経費の負担は大きい。

カーシェアリングからの視点は、自動車を所有財産として捉えるのではなく、経費として捉えている。そのため利用の度、電車やタクシー等とのコスト比較意識が働き、必要以外の自動車の利用を抑制する働きがあるといわれている。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。